子宮頸がん予防ワクチンの接種について

 子宮頸がんワクチンは、平成25年4月に予防接種法に基づく定期接種となりましたが、ワクチンとの因果関係を否定できない重い副反応の発生があり、同年6月に積極的な勧奨が差し控えられることとなりました。今回、子宮頸がんワクチンの安全性について特段の懸念が認められないことが確認され、接種による有効性が副反応のリスクを明らかに上回ると認められたため、令和4年4月より積極的な勧奨が再開されることとなり、また、HPVワクチンの積極的勧奨の差控えにより接種機会を逃した方に対しては、公平な接種機会を確保する観点から、従来の定期接種の対象年齢を超えた接種(キャッチアップ接種)を令和7年3月まで行うこととなりました。

子宮頸がんワクチンの接種を希望する方は、下記より該当するページをご覧ください。
定期接種(小学6年生~高校1年生相当)の方
キャッチアップ接種(平成9年4月2日~平成18年4月1日生まれ)の方
子宮頸がん予防ワクチンを自費で接種した方への費用助成について

 

本ページにはビューワソフトが必要なコンテンツが含まれています。

別ウインドウで開きますAdobe Readerのダウンロードはこちらをご覧ください。

このページの先頭へ

このページについてのお問い合わせ

こども保健部 健康推進課 健康づくり担当

電話番号電話番号:0154-31-4524

ファクス番号ファクス番号:0154-31-4601

お問い合わせフォーム別ウインドウで開きますお問い合わせフォームへ

このページの先頭へ