エキノコックス症の予防対策

外から帰ったら必ず手を洗いましょう。

エキノコックス症の予防対策-画像

生ゴミなどキツネのえさになるものはきちんと保管し処分しましょう。

ゴミを出す場合には、犬、猫、キツネ、カラス等によるゴミの散乱を防ぐため、ゴミ袋をネットで覆う等の工夫をしましょう。
ゴミの収集日以外の日にゴミを出すのは絶対にやめましょう。

エキノコックス症の予防対策-画像

このページの先頭へ

野山の果実や山菜などを口にする場合は、水道水でよく洗うか十分熱を加えてから食べましょう。

エキノコックスの卵はマイナス20℃くらいの低温では死にませんが、熱には弱く、煮沸すれば確実にこの卵を殺すことができます。(卵は100℃で1分間の加熱で死滅します)

エキノコックス症の予防対策-画像

このページの先頭へ

エキノコックス症の予防のため、次のようなことはしてはいけません。

キツネのえさになる残飯や生ゴミを放置しないようにしましょう。

エキノコックス症の予防対策-画像

かわいいからといってキツネを餌づけしたり、呼び寄せたり、手で触れることは絶対にやめましょう

(キツネの体毛に卵がついていることがあります)

エキノコックス症の予防対策-画像

このページの先頭へ

沢水や小川などの生水は飲まないようにしましょう。

エキノコックス症の予防対策-画像

犬の放し飼いは絶対にやめましょう。

犬も、エキノコックスに感染した野ネズミを捕食するなどをして、エキノコックスに感染することがあります。

このページの先頭へ

このページについてのお問い合わせ

こども保健部 健康推進課 健康づくり担当

電話番号電話番号:0154-31-4524

ファクス番号ファクス番号:0154-31-4601

お問い合わせフォーム別ウインドウで開きますお問い合わせフォームへ

このページの先頭へ