薬物乱用は「ダメ。ゼッタイ。」

危険ドラッグは、身体と人格を破壊します。

 危険ドラッグを使用して自動車を運転し、暴走させ、交通事故(死亡事故)を引き起こす事件などが、全国各地で発生しており、危険ドラッグの乱用は、大きな社会問題となっています。
 
 危険ドラッグは、悪質業者により店頭、インターネットサイトで「合法ハーブ」「お香」「アロマ」「入浴剤」など偽って販売されています。
 
 危険ドラッグは、大麻や覚せい剤などと類似の成分が含まれており、意識障害、呼吸困難、けいれん、脳の障害などの重大な健康被害をもたらし、人格を破壊する危険な薬物です。
 絶対に買ったり、使ったりしないでください

このページの先頭へ

指定薬物とは

 危険ドラッグに含まれる成分のうち、幻覚等の作用を有し、使用した場合に健康被害が発生するおそれのある物質を、薬事法に基づき厚生労働大臣が「指定薬物」として指定しています。
 薬事法改正に伴い、平成26年4月1日から指定薬物の輸入、製造、販売、若しくは授与目的での貯蔵又は陳列の禁止に加え、所持、使用、購入、譲り受けが新たに禁止されました。

 指定薬物を含む危険ドラッグを所持、使用、購入した場合には、罰則が科せられます。

このページの先頭へ

ストップ!薬物乱用

 近年、スマートフォン等の普及によるインターネット環境の急速な発展等を背景として、青少年が違法・有害な情報に触れる機会が増すことが懸念されています。

 内閣府では青少年に対して、薬物乱用の危険性を周知するため、青少年向け啓発資料を配信しております。 

このページの先頭へ

このページについてのお問い合わせ

こども保健部 健康推進課 健康づくり担当

電話番号電話番号:0154-31-4525

ファクス番号ファクス番号:0154-31-4601

お問い合わせフォーム別ウインドウで開きますお問い合わせフォームへ

このページの先頭へ