教育理念

科学的思考を基盤とした看護の実践力、保健・医療・福祉全般にわたる広い視野、豊かな人間性を備えた人材を育成する。
特に地域医療の充実に貢献し得る看護師を育成することを目的としています。

 

学院長 飯塚 桂司

   学院長 足立 憲昭

  当学院は昭和11年に市立釧路総合病院付属看護婦養成所にはじまり、昭和43年に釧路市立高等看護学院2年課程に、昭和60年からは3年課程を開設して現在に至っております。平成2年には男子学生を受け入れ、以後男女共学で勉強に励む教育環境になり、来年(2020年)2月からは、5階建ての新校舎が完成し授業は勿論、入学式や卒業式などの式典もそこで行われることになります。
さて、歌や草木、花などの自然を「愛でる」とそれらのものから感謝されるといいます。学生の皆さんは、大いに自分を「愛でて」いただきたいものです。自分を「愛でる」ことができない者は、決して自分以外の人や物を「愛でる」ことはできません。先ずは、自分が大事だと信ずることから始めましょう。そうすれば、自然と相手の立場や人格を認めることができるようになります。それは、看護に限らずすべてに通じることです。ましてや、看護を学びそれを目指すことを自己決定した学生の皆さんにとっては無くてはならない心構えであり、常に習慣としていただきたい姿勢や態度です。
 在学中には勉強に行き詰まったり、自分には向かない仕事ではないかと悩んだり、心が揺れ動く事もあるかもしれません。そんな時は必ず教官スタッフに相談してみて下さい。何らかのアドバイスがもらえるかもしれません。「報告」「連絡」「相談」つまり、「ほうれんそう」が、自分や自分が関わっている患者さん達を「危険」や「つまずき」から守ることに繋がります。
 医療や看護は、これからますます専門性が問われる時代になって行きます。その基礎知識をぜひ在学中に身に付けていただきたいと思います。当学院はそれらを成し遂げる助力となるよう心掛け、その労を惜しむことはありません。
 

 学院フロア図

教育理念-画像

このページについてのお問い合わせ

市立釧路総合病院 高等看護学院 高等看護学院担当

電話番号電話番号:0154-42-1302

ファクス番号ファクス番号:0154-42-1302

お問い合わせフォーム別ウインドウで開きますお問い合わせフォームへ

このページの先頭へ