出血したときの応急手当(止血)

腕や足の傷から出血がある場合は、出血している部分を心臓の高さより高くして、傷口をガーゼやタオルなどで強く押さえる。つきっきりで押さえていられないときは、包帯などを強めに巻く。

出血したときの応急手当(止血)イメージ

《注》

  1. 一度あてたガーゼは決してはずさない。ガーゼなどで直接傷を強く押さえた場合は、血で汚れたからといって新しいガーゼなどに交換しない。
  2. 止血の手当を行うときは、感染防止のため血液に直接触れないように注意する。
  3. ビニール・ゴム手袋の利用。それらがなければ、ビニールの買い物袋などを利用する方法もある。

このページについてのお問い合わせ

消防本部 警防課 警防救急担当

電話番号電話番号:0154-23-4383

ファクス番号ファクス番号:0154-22-8204

お問い合わせフォーム別ウインドウで開きますお問い合わせフォームへ

このページの先頭へ