通信指令員からのお願い

119番通報する方のほとんどは1分1秒を争う緊迫したケースです。しかし、相談や問い合わせなど、緊急を要しない通報やいたずら電話があることも事実です。

119番通報にて、実際にあった問い合わせ等の例をご紹介いたします。

少しでも早く現場へ向かうため、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

 

どこで火事があったのか知りたいのですが?

119番は緊急回線ですので、緊急通報以外の119番の利用はおやめください。


火事等のお問い合わせについては、こちらのページをご覧ください。

このページの先頭へ

今日の休日・夜間救急病院はどこですか?

119番を利用した休日・夜間救急病院(当番病院)についての問い合わせが頻繁にありますが、119番は緊急回線ですので、緊急通報以外の119番の利用はおやめください。


休日・夜間救急病院については、こちらのページをご覧ください。

このページの先頭へ

近くまで来たら救急車のサイレンを消してください。

救急車の要請が多発する中、「サイレンを鳴らさないで来てください、赤色灯を付けないで静かに来てください。」と119番通報時に多く耳にしますが、消防車や救急車は緊急車両であり、市民の方々のSOSを受け人命や財産を守るために急いで向かいます。
緊急車両は、道路交通法等に定められているため、サイレンを鳴らし、赤色の警光灯を灯さなければなりません。

救急車を利用する際は、上記をご理解の上で要請して下さい。
 

このページの先頭へ

いいから早く来て!

場所を特定するため、通信指令員が質問を続けると「いいから早く来て!」と焦り興奮してしまう方がいます。

一刻も早く来てほしいという気持ちはわかりますが、場所を特定できないと消防車・救急車を向かわせることができません。

消防車・救急車を向かわせる場所の特定ができれば、通信指令員は予告指令を出し、隊員はすぐに出動できる準備をします。
必要最低限の情報を聞き取った時点で出動指令をかけますので、電話を切る前に隊員は現場へ向かっていることがほとんどです。

より早く現場へ向かうため、通信指令員の質問には落ち着いて答えてください。

このページの先頭へ

救急車の予約をしたいのですが。

「病院に行きたいから○○時に来てほしい」、「介護タクシーが来ないから○○時に来てください」などの通報がありますが、救急車の予約はできません!

もしあなたが急病で苦しくて助けてほしい時に、近くの救急車が予約している人の所に行き、遠い所から救急車が来たら困りませんか?
救急車は、急病人や怪我、事故等に備えて待機しています。


モラルのある救急車の要請をお願いたします。

このページの先頭へ

このページについてのお問い合わせ

消防本部 通信指令課 第1・2・3通信担当

電話番号電話番号:0154-22-2150

ファクス番号ファクス番号:0154-23-0429

お問い合わせフォーム別ウインドウで開きますお問い合わせフォームへ

このページの先頭へ