噴火が始まったら

特に大きな噴火でない限り、人家への被害は比較的少ないようですが、小さな噴石や火山灰の降下、地震が発生することもあるので注意が必要です。

テレビやラジオなどで情報を入手したり、広報車や防災行政無線にも耳を傾けるようにしましょう。

根拠のないデマや噂などに惑わされないように!!

避難イメージ

避難する前に

家族でそれぞれの役割や避難場所など、あらかじめよく話し合って決めておきましょう。

  • 戸締まり、電気、ガスの元栓を確認しましょう。
  • 貴重品は忘れずに持参しましょう。
  • あわてず落ち着いて行動しましょう。
  • お年寄り、赤ちゃん、体の不自由な人、外国人など言葉の分からない人の避難を助けましょう。

このページの先頭へ

避難するときは

避難勧告などが発令された場合は、あらかじめよく話し合って決めた事項を確認し、落ち着いて避難場所へ避難しましょう。

あわてて外に出ると小さな噴石や火山灰が降ってくることもあり、大変危険なので、ヘルメット、マスク、ゴーグルなどを着用してから 外に出ましょう。

このページの先頭へ

このページについてのお問い合わせ

総務部 防災危機管理課 防災危機管理担当

電話番号電話番号:0154-31-4207

ファクス番号ファクス番号:0154-23-5180

お問い合わせフォーム別ウインドウで開きますお問い合わせフォームへ

このページの先頭へ