平成30年1月の釧路市動物園ニュース

2018年1月28日(日曜日)  男鹿水族館にお嫁入りしているホッキョクグマ「クルミ」が今朝、亡くなりました
 

釧路市動物園で生まれ、秋田県男鹿水族館に繁殖貸与している雌のホッキョクグマ「クルミ」が亡くなりました。死因については、病理解剖等を行って調べていくとのことです。
 昨年夏から体調に変化が見られましたが、妊娠の可能性もあるため、男鹿水族館では巣ごもりを本人の意思に任せて産室を開放し、慎重にクルミの様子を見守っていました。
 出産がなかったことから検査を予定しておりましたが、その矢先に急に体調が悪化し 2018年1月28日朝に死亡を確認したとのことです。

<資料>
1 出生日: 1996年12月26日 
2 出生地: 釧路市動物園
3 移動日: 2011年4月26日 男鹿水族館へ移動
4 親:   雄 タロ × 雌 コロ (両個体とも死亡)
5 仔:   ミルク(釧路市動物園に帰属、飼育中) 他にクルミの仔はいない。
6 クルミの主な兄弟姉妹: 
アイス(1990年12月生 雄) 
      神戸王子動物園 (交換) 2015年5月21日死亡
オーロラ(1990年12月生 雌) 
       東山動物園 (交換)   2016年12月8日死亡
コタロウ(1990年12月生)
       旭山動物園 (譲渡 雄)   2001年5月20日死亡

国内飼育状況(2017年8月現在)
     雄 14頭、 雌25頭(クルミを除く) 飼育園館 21施設

ホッキョクグマの生態
   釧路市動物園のホームページをご覧ください。 

    http://www.city.kushiro.lg.jp/zoo/shoukai/0049.html 

 

 2011年2月28日 釧路市動物園にて




2018年1月8日(月曜日)冬休み工作教室を行いました

小学生を対象に冬休み工作教室「タカ凧をつくろう」を行いました。
レッサーパンダがかじった竹と、釧路スチレン株式会社様から提供いただきました発泡スチロールを使用して、オリジナルの凧作りに挑戦!
タカの写真や見本を見ながら模様を描き、個性の光る「タカ凧」が出来上がりました。

鳥クイズ  鳥クイズ


タカ凧作り  タカ凧作り


出来上がった後は、遊園地広場にて凧揚げをしました。
(動物たちが驚いてしまうので園内での凧揚げは禁止ですが、今回は工作教室ということで特別に園内で凧揚げをしました。)
風がなく凧を揚げるのは難しかったのですが、走りながら上手に揚げることができました。


凧揚げ  凧揚げ





ご参加ありがとうございました。






 

2018年1月4日(木曜日)新春オリジナルグッズをプレゼントしました

2018年最初の開園日となる1月4日に、先着100組様限定で新春オリジナルグッズをプレゼントいたしました。
今年の新春オリジナルグッズは、レッサーパンダがかじった竹を使用して作った「ミニ熊手」です。
皆様にとって良い一年となりますように。


新春オリジナルグッズプレゼント  新春オリジナルグッズプレゼント



また、展示館では、NPO法人釧路市動物園協会の恒例イベントとして、「みかんくじ」が行われました。

本年も動物・職員一同、皆様のお越しをお待ちしております。どうぞよろしくお願いいたします。

このページの先頭へ