2017年3月のどうぶつえん日記

2017年3月30日(木曜日) 雲のあなたは春にやあるらん


いつの間にやら3月も終わってしまいます。
時の経つのは早いものです。

月初めは暖かかったのですが、ここのところ少し冷え込んでいます。
三寒四温などと申しますが、こうやって暖かくなったり寒くなったりしながら、季節が移ろっていくのです。


ハクチョウ池の氷が解けはじめ、少し水面が見えてきました。



池のほとりでは、ネコヤナギの花が咲き始めています。



日当たりのいい場所では、アキタブキが咲き始めました。
市内よりはちょっと遅い開花です。



止まり木で仲良く寄り添う、シマフクロウのペア。
繁殖期なのですが、残念ながら抱卵はしていません。



北海道ゾーンのアオサギコロニーには、アオサギたちが戻ってきました。
彼らの繁殖期はこれからです。
タンチョウ・アオサギ観察デッキから見ることができます。



キバシリが樹を駆け上りながら、エサを探しています。
小鳥たちもそろそろ繁殖期に入り、少しずつさえずりが聞かれるようになりました。
夏鳥の本格的な渡来は、もう少しあとになります。


 
先日踊っていたので、そろそろかなあと思っていましたが。
タンチョウが産卵したので、巣に座っているところを見ることができます。
まだ周囲は雪ばかりで、巣とは思えないのですが、本人(鶴)的にはこれでもいいようです。
この辺、かなり個体によって差があり、立派な巣を作る個体も、雑な個体もいます。
ここのメスはかなり雑なので毎年こんな巣ですが、オスが後で増築するのでそれなりに見栄えがするようになります。

ちなみに、この写真では卵を抱いているのがオス、立っているのはメスです。
タンチョウはオスもメスも交代で卵を抱きます。

驚かさないように、静かにご覧ください。


声がしたので頭上を見上げてみると、ツグミの群れがいました。
そろそろ北へ帰る頃なのでしょう。


別の日の写真ですが、道路上でエサを探していたマヒワです。
夏の間は標高の高いところで繁殖し、冬は平地に下りてきます。

彼らも、そろそろ繁殖地へ帰る頃です。



夕方や夜にはまだ雪が降ることもあり、まだ冬の名残があります。
一方で、冬鳥の北帰行が始まり、花も少しずつ咲き始めました。

春になりつつある動物園へ、どうぞお越しください。
また、新年度となりますが、どうぞよろしくお願いいたします。


冬ながら空より花の散り来るは 雲のあなたは春にやあるらん(古今和歌集:清原深養父)




2017年3月10日(金曜日) 春を探して


年度末進行で、すっかり間があいてしまいました。
なかなか園内をうろうろすることができていません。
そんなわけでご無沙汰ですが、皆様いかがお過ごしでしょう。



ポカポカ陽気だったからか、ミルクは訪ねていった時には寝ておりました。
結局、今日はプールに入らなかったそうです。
まあ、そういう日もあります。



サル山にて、毛づくろいをしあうニホンザルたち。
だらしなく腹を出していたり、座りながらだったり、色々なパターンがありますが。
昨日よりも暖かいからか、リラックスしているようです。



巣箱の中のエゾフクロウ。
特に卵を抱いているわけではないようですが、彼らの繁殖期もそろそろです。


こちらはワシミミズク。
よく鳴くようになり、日中でも低い声が聞こえます。


 
ヒグマ舎にて、まだ冬毛でモコモコのキチノスケと、すでに換毛が終わりかけているヤマト。
おじいちゃん達には、少し過ごしやすくなったでしょうか。



午後になって、キロルに会いに行ってみました。
ブイをくわえて、プールに投げ込みます。
犬歯に引っ掛けていて、ファッファッと声を出しながら運ぶのですが、器用な真似をするものです。



今日の木道の様子です。
まだ周りは一面の雪で、花が咲くにはもう少しかかります。


アカゲラが盛んにドラミングをして縄張りを主張し、ときどきオス同士で争っています。


タンチョウ広場のところで、ネコヤナギが穂を膨らませていました。
少しずつ、春らしくなってきます。



タンチョウのダンスも、盛んにおこなわれるようになってきました。
ポンプ動作といって、首を上下させて、踊りに誘います。


そのあと、首を伸ばしてみたり、


反らしてみたり。

なかなか、息が合っていないようですが。
今年はうまくいくでしょうか。
彼らの繁殖期はこれからです。


眼にはなかなか見えませんが、少しずつ春らしくなってきています。

春を探しに、動物園で散策はいかがでしょう。