釧路港港湾BCPについて

 釧路港は、東北海道の暮らしや産業を支える物流拠点港湾であり、地震・津波等の発生により港湾施設が被災すると、物流が停止する等、市民生活へ大きな影響を与えることが予想されます。
 そこで、平成24年度より、釧路港を利用する港湾関係者から構成される「釧路港港湾BCP協議会」を設置し、各関係者の役割分担や行動計画、情報連絡体制等について等について検討を重ねてきたところです。
 この度、これまでの協議会での議論を踏まえ、港湾機能の維持及び早期復旧を目的とした「釧路港港湾BCP」として、取りまとめを行いました。

平成26年3月31日

釧路港港湾BCP

  「釧路港港湾BCP」は、災害時の対応や情報連絡体制を整理した「釧路港港湾BCP《災害時対応編》」と、各関係者の役割や行動計画、事前対策等を整理した「釧路港港湾BCP《計画・検討編》」として取りまとめています。


 各計画の詳細につきましては、下記よりダウンロードしてご覧下さい。

  ※)平成27年9月に一部修正

このページの先頭へ

本ページにはビューワソフトが必要なコンテンツが含まれています。

別ウインドウで開きますAdobe Readerのダウンロードはこちらをご覧ください。

このページの先頭へ

このページについてのお問い合わせ

水産港湾空港部 港湾計画課 計画建設担当

電話番号電話番号:0154-53-3374

ファクス番号ファクス番号:0154-53-3373

お問い合わせフォーム別ウインドウで開きますお問い合わせフォームへ

このページの先頭へ