【博物館】博物館収蔵「アイヌ民族木綿衣」の取り扱い等について

当館所蔵アイヌ民族木綿衣特別展示

国立民族学博物館などの研究チームの調査により、アイヌ民族衣服では世界最古の可能性が高いとされている当館所蔵の「アイヌ民族の木綿衣」を特別公開いたします。
 
期間:2017年11月3日(金・祝)~12月3日(日)
会場:釧路市立博物館2階特別展示室
《入場には入館料が必要です》
 

「アイヌ民族木綿衣特別展示」の画像

このページの先頭へ

専門家から世界最古の可能性が高いとされている、釧路市立博物館収蔵「アイヌ民族の木綿衣」の取扱い等について

今般、国立民族学博物館(大阪府)などの研究チームの調査により、アイヌ民族衣服では世界最古の可能性が高いとされている当館所蔵の「アイヌ民族の木綿衣」については、専門家による調査等のため、現在4階常設展示室での公開を中止しております。
展示の再開時期については、現段階では未定となっております。
 
平成28年6月10日
釧路市立博物館長

「アイヌ民族の木綿衣」の画像

このページの先頭へ

当館所蔵「アイヌ民族木綿衣」について

釧路市立博物館所蔵「アイヌ民族木綿衣」についての説明
 
資料名称:色裂置文衣 (ruumpe)
種類:実物
地域:虻田町
寸法:幅1,362mm/高さ1,282mm
受入年月日:昭和26年7月23日
※7月20日付で片岡新助コレクション4,480点寄付
種別:寄贈
寄贈者:片岡新助(釧路市立郷土博物館初代館長)

このページの先頭へ

お問い合わせ

電話:0154-41-5809
FAX:0154-42-6000
E-mail:museum@city.kushiro.lg.jp

このページの先頭へ

リンク

釧路市立博物館紀要37輯(2017年発行)掲載論文
「釧路市立博物館所蔵アイヌ木綿衣について」 (PDFデータ:約10MB)
http://www.city.kushiro.lg.jp/common/000106454.pdf 
 
大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立民族学博物館
http://www.minpaku.ac.jp/

このページの先頭へ