釧路市北斗遺跡ふるさと歴史の広場

fukugen_juukyo_1

北斗遺跡は、旧石器時代から縄文・続縄文時代を経て擦文時代に至る重複遺跡で、釧路湿原を望む標高20m前後の台地上の東西2,500m・南北500mの範囲に、縄文・続縄文時代の浅い円形・楕円形竪穴102軒、擦文時代の四角形竪穴232軒がくぼんだ状態で残されています。

過去の発掘調査では、旧石器時代の火を焚いた跡、縄文時代の住居跡・墓や小貝塚、擦文時代の住居跡などが確認されています。中でも擦文時代は、鉄器、繊維遺物、はた織具の一部、栽培植物の種子などが出土しています。

1977年7月、釧路湿原西縁において最も規模の大きい重要な遺跡であることにより、東側233,471平方メートルが国指定史跡となっています。

利用のご案内

  • 開設期間:4月16日~11月15日
  • 開館時間:AM10:00~PM4:00
  • 休館日:月曜日・11月16日~4月15日
  • 入館料:無料
  • 交通:
    釧路駅からバスで40分(阿寒バス鶴居線北斗坂下下車徒歩5分)
    駐車場:有(20台)

※下のアクセスマップもご覧ください。

ふるさと歴史の広場の施設について

史跡北斗遺跡展示館には、北斗遺跡で出土した土器・石器・金属製品などの実物資料のほか、復元住居、遺構全体模型を展示しています。

tenjikan_1 史跡北斗遺跡展示館

tenjikan_2 展示室のようす

館内の復元住居は屋根の一部を切り取る形で住居内の構造を見ることができます。遺構全体模型は、史跡東端部の竪穴住居跡が最もよく保存されている部分を1/150で表しています。竪穴の窪み、復元住居、人物などを入れ、背景には湿原を描きジオラマ仕様になっています。

juukyo_1 復元竪穴住居

mokei 遺構全体模型

展示館から屋外の復元住居へは木道・チップ敷きの道を歩きます。窪みが観察できる竪穴群のほか、史跡展望台からは、雄大な釧路湿原に面した復元住居を望むことができます。


zentaizu広場全体図

juukyo2 史跡展望台から復元住居をのぞむ

juukyo_kubomi 地表面から観察できる竪穴住居跡のくぼみ

周辺案内図・アクセスマップ

北斗遺跡ふるさと歴史の広場のチップ敷きの道は、釧路市湿原展望台の木道とつながっています。
釧路市湿原展望台のご案内は、別ウインドウで開きますこちらをクリックしてください。(釧路観光協会のページへ移動します)

map_shuuhen周辺案内図

map_accessアクセスマップ

このページの先頭へ