【博物館】企画展「釧路・根室の簡易軌道」(巡回展開催中)

釧路・根室の簡易軌道

北海道の開拓地は泥炭地や火山灰地も多く、春の融雪期には道路は「ドロドロ」状態、交通が極めて困難となり、それが開拓の障害ともなっていました。そこで内務省北海道庁(国)は道東・道北を中心に、レールでの輸送機関「殖民軌道」を計画します。まず1924(大正13)年に厚床~中標津が開通、その後次々と敷設されました。
殖民軌道はレール幅が762mmと国鉄などの1067mmに比べ狭く、また動力は馬匹とする簡易なものでした。運行組合が設置され、入植者は料金を払い利用しました。また輸送量が大きい路線ではガソリン機関車も導入されるようになります(北海道庁直営)。殖民軌道は国鉄線の駅を起点に、より内陸の開拓地へ路線は伸びていきます。
戦後は農林省所管となり「簡易軌道」と呼ばれるようになります。新設・改良は国、維持・補修は国庫負担により北海道が、そして実際の管理運営は地元自治体(市町村)に委託されました。釧路・根室地域では、馬力から内燃動力へ改良が行われた簡易軌道として、鶴居、標茶、浜中、別海の各町・村営軌道がありました。
簡易軌道は、地方鉄道法(現 鉄道事業法)や軌道法による「鉄道・軌道」ではありません。レールと車輪による交通機関という面では確かに鉄道・軌道ですが、運輸省ではなく農林省(それぞれ当時)が所管していたことからもわかるように、法令的には「似て非なるもの」、土地改良法による開拓のための施設です。簡易軌道特有の取扱いや用語もあります。ディーゼルカーを「自走客車」と呼ぶこともその1つです。
人々だけでなく農作物、そして牛乳の輸送などに重要な役割を果たしましたが、整備されていく道路に役目を譲り、1972(昭和47)年の浜中町営軌道の廃止によって道内から全て姿を消しました。
本企画展では、1960(昭和35)年以降に存在した釧路・根室地方の簡易軌道について、OB・関係者、関係自治体、そして当時を記録した鉄道愛好家のご協力を得て、展示や見学会、講演会などで振り返ります。
 

このページの先頭へ

期間・会場

期 間  2016(平成28)年10月29日(土)~2017年1月15日(日)
休館日:毎週月曜・11/23・12/8・12/23・12/31-1/5・1/9・10
《終了しました⇒巡回展開催中》

会 場  釧路市立博物館マンモスホール(企画展会場は無料) 


《巡回展会場・期間》

釧路空港ビル 2017年2月1日(水)~28日(火)   《終了しました》 
別海町図書館 3月3日(金)~16日(木)
浜中町総合文化センター 3月18日(土)~4月2日(日)
鶴居村ふるさと情報館みなくる 4月7日(金)~5月7日(日)
標茶町図書館 5月12日(金)~6月11日(日)
*休館日や開場時間は各施設へお問い合わせください
                                

このページの先頭へ

関連行事

バス見学会
〔鶴居・標茶編〕10月16日(日) 9時~17時 《開催終了》
〔浜中・別海編〕
11月6日(日) 9時~18時 《開催終了》
簡易軌道の線路や停留所跡などを見学・散策、またOBなどから当時のお話を伺います

[集合]釧路市立博物館
[参加費]各300円
[定員]各30名(小学生以上・小学生は保護者同伴でご参加ください)
[募集]〔鶴居・標茶編〕9月1~9日 〔浜中・別海編〕10月1~9日(郵便もしくはファクスにて受付)
〒085-0822 釧路市春湖台1-7 釧路市立博物館  ファクス0154-42-6000
 「簡易軌道バス見学会《鶴居・標茶(10/16)》もしくは《浜中・別海(11/6)》」あて
 *参加者全員の〔氏名・年齢・連絡先(電話・住所)〕をご記入ください
(応募者数が定員を超えたときは抽選を行います)
(各回2~3kmの徒歩があります)

 

 NHK番組で振り返る「簡易軌道と酪農の記録」 《開催終了》
[日時]11月12日(土) 13時30分~15時
[会場]釧路市立博物館 講堂(入場無料・申込不要)
[主催]NHK釧路放送局・釧路市立博物館
上映:明るい農村「村の風土記 ローカル駅 お客さんは牛乳カン(標茶町営軌道)」「村の風土記 トロッコは馬にひかれて ~北海道 別海村~」など

 

簡易軌道と鉄道遺産講演会 《開催終了》
[講演]湯口 徹氏(鉄道研究家) 「北海道殖民/簡易軌道」
     名取紀之氏((株)ネコ・パブリッシング編集局長/日本鉄道保存協会顧問) 「唯一無二の地域遺産をどう活かすか~道内・そして全国の事例から~」
[日時]11月26日(土) 13時30分~16時
[会場]釧路市立博物館 講堂(入場無料・申込不要)

 

酪農・乳業と簡易軌道講演会 《開催終了》
[講演]佐々木正巳氏(雪印メグミルク(株))
[日時]2017年1月14日(土) 13時30分~15時
[会場]釧路市立博物館(入場無料・申込不要)
 

 

缶バッジ スタンプ
おかげさまで完売しました スタンプもあります《終了しました》


=開催しました=
丸瀬布・鶴居村営軌道DLを学ぶ会(企画展「釧路・根室の簡易軌道」応援企画)
 別ウインドウで開きます丸瀬布森林公園いこいの森(遠軽町)で動態保存されている鶴居村営軌道のディーゼル機関車を学ぶことを目的に、鶴居村営軌道OBや清水一史氏(九州大学教授)などによる講演、見学会、ディーゼル機関車の特別運行を行いました。
[日時]5月28日(土) 13時30分~17時
[会場]丸瀬布森林公園いこいの森
[主催]別ウインドウで開きます釧路臨港鉄道の会・夢里塾  [共催]遠軽町・釧路市立博物館  [後援]鶴居村教育委員会
 

 

*企画展記録集を刊行します(2017年4月発売予定・通信販売も行います=販売開始時期などは追ってお知らせします)

*オリジナル簡易軌道ブックカバーをダウンロード形式でお配りしています(窓口等ではお配りしておりません)→別ウインドウで開きますこちらから

このページの先頭へ

資料・写真をご提供ください/思い出をお聞かせください

引き続き、当時の資料(道具やきっぷ、書類など)や写真を収集しております。ご寄贈でなく、お貸しいただけるだけでもと存じます。写真はデジタル複製を行い、原版はお返しいたします。
またOBや利用された方などの思い出もぜひお聞かせください。
ご協力いただける方は、
 釧路市立博物館(0154-41-5809)
 鶴居村教育委員会(教育課・0154-64-2050)
 標茶町図書館(015-485-2300)
 浜中町教育委員会(社会教育係・0154-62-2394)
 別海町教育委員会(生涯学習課・0153-75-2111[内3712])
までお知らせください。

このページの先頭へ

主催など

[主 催]
釧路市立博物館

[共 催]
鶴居村教育委員会・標茶町教育委員会・浜中町教育委員会・別海町教育委員会
釧路空港ビル株式会社・釧路臨港鉄道の会・釧路市立博物館友の会

[後 援]
北海道新聞釧路支社・釧路新聞社・NHK釧路放送局・FMくしろ

[協 力]
株式会社釧路製作所・雪印メグミルク株式会社・東邦コンサルタント株式会社
NPO法人名古屋レール・アーカイブス・有限会社モデルワーゲン

このページの先頭へ

このページの先頭へ

自走客車ペーパークラフトを差し上げます

簡易軌道ペーパークラフト(釧路製作所製 自走客車)
■10月29日~11月30日:別海村営軌道(オレンジ)
■12月1日~1月15日:浜中町営軌道(緑)
それぞれ先着1,000 名様に差し上げます(お1人様1枚限り・無くなり次第終了)。博物館窓口へお申し付け下さい。
「NHK番組で振り返る簡易軌道と酪農の記録」(11/12[土])・「簡易軌道と鉄道遺産講演会」(11/26[土])・講演会「酪農・乳業と簡易軌道講演会」(1/14[土])ご参加の方、各先着100 名様には2種類ともプレゼント!
(ペーパークラフトはA4 サイズ・縮尺1/66です)

・提供:株式会社釧路製作所
同社でも会社敷地内にて保存中の雄別炭砿鉄道のSL「8722」見学者などへお配りしています→別ウインドウで開きますこちら

ペーパークラフト

このページの先頭へ