【博物館】企画展「『くしろ』のいきもの」(1/24-4/5)

展示概要

釧路町十町瀬で化石が発見された太古の哺乳類「クシロムカシバク」をはじめとして、「クシロハナシノブ」「カワユエンレイソウ」「クシロツマジロケンモン」「コンセンオオルリオサムシ」など、釧路地方の地名をつけられたいきものが、昆虫・植物を中心にたくさんいます。
これらを標本や写真で紹介するとともに、いきものに名前をつけること=分類学について解説します。

このページの先頭へ

開催要項

会期:2015年1月24日(土)~4月5日(日)
会場:釧路市立博物館マンモスホール 《入場無料》
 
主催:釧路市立博物館
共催:釧路市立博物館友の会

「くしろのいきもの」ポスター

このページの先頭へ

展示解説

2月22日(日)午後1時半から開催する「学芸員トーク」は企画展スペシャル!
講堂で開催する講演「クシロムカシバクのはなし」(山代学芸員)に続いて、マンモスホールで展示解説を行います。
 
日時:2月22日(日)午後1時半~
会場:釧路市立博物館講堂・マンモスホール
申込不要 入場無料
詳しくは こちら
 
学芸員トークは2月22日から3月22日まで、毎週日曜日の午後1時半から開催します。
 

このページの先頭へ