平成27年度くしろ応援ファンド活用事業のご紹介-ミルキークラウン乳業株式会社

 くしろ応援ファンド事業とは、釧路市内の企業等が取り組む、地域資源を活用した北海道釧路の価値を高める事業への応援資金を、全国各地の方々から小口出資により集める仕組みを設け、産学金官が一体となって、この仕組みを活用する事業を支援する取組です。
 平成27年度では、2事業のファンド組成を行い、釧路市全体でこれら事業を応援していくことにしました。

 ここでご紹介するのは、ミルキークラウン乳業株式会社の「釧路幻のブラウンスイス牛のスイーツファンド」です。


 「釧路幻のブラウンスイス牛スイーツファンド」において開発された
 2種類のスイーツが発売されました!

 

 
 どちらのスイーツも「ブラウンスイス牛」という希少種のミルクを使用しており、味は濃厚ですが、風味がよく後味がサッパリとしているのが特徴です。
 下記店舗にて販売しておりますので、ぜひご賞味ください!
 
  ・店舗名:カフェ ミルキークラウン昭和南店
  ・住 所:釧路市昭和南3丁目16番23号
  ・電 話:0154-55-3388


ミルキークラウン乳業株式会社会長と牛

ファンドの概要

 高品質でありながら、繊細な管理が求められる幻の乳牛「ブラウン・スイス牛」の生乳を原料に、熱意ある経験豊かなパティシエの高い技術をもって、新たなスイーツ(カタラーナ、レアチーズケーキなど)を開発し、フランチャイズ店舗や催事等で販売します。原料生産、製品製造、販売までを一貫して行うことで、酪農業の6次化の可能性を示し、ミルキークラウンブランドとともに、全国有数の酪農地帯である釧路地域の価値を高める取組を進めます。

このページの先頭へ

ファンドにかける想いと特徴

手間をかけるからこそ生まれる価値ある生乳

 国内には、1,200頭ほどしか飼育されていないとされる幻の乳牛「ブラウン・スイス牛」。
 「ブラウン・スイス牛」は高品質ではあるものの、管理が繊細であることに加え、効率的な搾乳には向かないことから、効率重視の現代の酪農業から姿を消してしまった。そんな中、標茶町にある自社牧場「北川牧場」で酪農の歴史に埋もれていたことで半野生化していた1頭を試行錯誤の中、現在7頭まで増やすことに成功。ゆえに貴重、ゆえに高品質。
 手間をかけてでも、世の中に広めたいという強い想いから、とても価値ある生乳が生み出された。

このページの先頭へ

有名パティシエが織りなすスイーツ

 「ブラウン・スイス牛」の生乳の味と魅力を自らの手で世に送り出したい。そんな思いから、ミルキークラウン乳業株式会社のドアをたく。
 このパティシエは、東京・神戸・フランス・ドイツ・スイスなどで修業を積んだ超一流。パティシエ歴は38年。「ブラウン・スイス牛」の生乳を一口飲んだとき、「これは長いパティシエ人生で一番の品質だ」と驚きを隠せなかったという。
 酪農家の想い、そしてパティシエの想い・感動をひとつの物語として紡ぎ出した渾身の新スイーツ。この取組を通し全国各地のひとりひとりに送り届ける。

このページの先頭へ

釧路の酪農を盛り上げる強い使命感

 廃業した牧場の廃屋やサイロが目立つようになってきた。将来的にこれが釧路の風景になるのか…寂しさを感じたオーナー。
 酪農家が生み出した価値をより高める6次産業の先駆者となり、この地域の酪農業を盛り上げていきたい。そして、若い世代が酪農業に関心を持つきっかけをつくりたい。
 酪農業に対する強い使命感を抱きつつ、今回の取組に挑む。

このページの先頭へ

オーナーのご紹介

ミルキークラウン乳業株式会社
会長 舘石 吉貴 氏

ソフトクリームが大好きな自分が、ソフトクリームを作ったら一番になれるのでは!?との想いから、ミルキークラウン乳業を創業。幻の乳牛「ブラウンスイス牛」の生乳を使い、新たな商品開発にも力が入る。
自社牧場からのしぼり立ての生乳を使い、自社工場で製品化、そして販売。まさに、6次産業化モデルの実践者。「酪農業の次世代を担うべく、強い農業を目指したい」と力強い。

<会社沿革>
平成24年 ミルキークラウン創業、移動販売車1号車完成
平成25年 移動販売車2号車完成
平成26年 釧路工場竣工
平成27年 ミルキークラウン乳業株式会社設立
       ツーリズムEXPOジャパン2015北海道代表に選出
現在に至る

このページの先頭へ

くしろ応援ファンド特設ページ

本取組への小口出資は、下記サイトにお進みください。

<ご注意(必ずお読みください)>
小口出資は、元本及び分配金が保証されているものではありません。したがって事業者の財務、経営悪化などにより、損失が生じる可能性があるといったリスクが考えられます。本ホームページは投資勧誘を目的とするものではありません。また、本ホームページで紹介している取組は、外部有識者を中心とした選定委員会の審査にもとづき選定していますが、前述のリスクを排除するものではありません。釧路市は同取組に対する投資を行った結果に対し、一切の責任を負うものではありません。



 

このページの先頭へ

このページについてのお問い合わせ

総合政策部 都市経営課 企画担当

電話番号電話番号:0154-31-4502

ファクス番号ファクス番号:0154-22-4473

お問い合わせフォーム別ウインドウで開きますお問い合わせフォームへ

このページの先頭へ