「釧路市既存住宅耐震改修費補助金交付制度」のご案内

対象の要件

  • 昭和56年5月31日以前に着工された住宅で下記の(1)~(4)の内、申込者が所有し自ら居住している住宅。(なお、(2)~(4)の建築物には、別途要件があります。)
    (1)戸建て住宅
    (2)長屋
    (3)併用住宅
    (4)共同住宅
  • 耐震診断の結果、現行の耐震関係規定に満たないと判定されていること。
  • 建築基準法等に明らかな法令違反が無いこと。
  • 釧路市の収納事務に滞納が無いこと。

その他、詳細については建築指導課指導防災担当までお問合せ下さい。

このページの先頭へ

補助額

  • 耐震改修工事の費用が、100万円から200万円未満…20万円。
  • 耐震改修工事の費用が、200万円から300万円未満…10%相当額。
  • 耐震改修工事の費用が、300万円以上…30万円。

このページの先頭へ

申込期間

4月1日~10月31日

このページの先頭へ

税制優遇措置

耐震改修工事を行った場合、所得税の特別控除(H25年迄)や固定資産税の減額措置制度(H27年迄)を受けられる場合があります。

詳しくは、
所得税:釧路税務署 個人税部門 電話31-5100
固定資産税:釧路市役所 資産税課 電話23-5197

このページの先頭へ

住宅耐震改修費補助金の申込に必要な書類

  1. 釧路市既存住宅耐震改修費補助金申込書
  2. 耐震診断報告書(現況)
  3. 改修計画書
  4. 改修内容の詳細がわかる図面
  5. 補強後の想定耐震診断報告書
  6. 耐震改修工事費内訳書
  7. 外観写真2面以上
  8. 住民票の写し
  9. 登記事項証明書(建物)
  10. 納税証明書

このページの先頭へ

悪質リフォーム業者等にご注意を!

法令改正や制度の創設等に便乗し、釧路市の依頼による調査・検査と偽り、突然訪問するケースなどが懸念されます。釧路市では、業者等に耐震診断・耐震改修に関する個人住宅の調査等は、一切依頼しておりません。

また、近年、全国的に悪質なリフォーム業者等による粗雑な工事、不要不急の工事等による高額請求事件などの被害が発生しておりますのでご注意下さい。

このページの先頭へ

本ページにはビューワソフトが必要なコンテンツが含まれています。

別ウインドウで開きますMicrosoft関係のダウンロードはこちらをご覧ください。

このページの先頭へ

このページについてのお問い合わせ

都市整備部 建築指導課 指導防災担当

電話番号電話番号:0154-31-4569

ファクス番号ファクス番号:0154-22-4971

お問い合わせフォーム別ウインドウで開きますお問い合わせフォームへ

このページの先頭へ