平成28年度「独自の水質目標値」の達成状況について

平成28年度「独自の水質目標値」の達成状況について

 釧路市では、釧路市水道ビジョンの中で「安全でおいしい水の供給」を目標の一つとして掲げ、皆さまに水道水を一層安心してご利用頂くため、水のおいしさの要素である「臭い」に関して、釧路市独自の水質目標値を設定しました。
この目標値は水質基準値等よりも更に厳しい数値となっており、全市内統一した目標値となっています。
平成28年度の「独自の水質目標値」の達成状況について算出した結果、下表のとおりとなりました。

 
平成28年度「独自の水質目標値」の達成率
  項   目 単位  独自の水質目標値 水質基準等 全市達成率 検査頻度
残留塩素 mg/L 0.1以上0.4以下 0.1以上1以下 99.9% 毎日
臭気強度(TON) 1以下 3以下 100% 3月に1回以上
ジェオスミン(かび臭) ng/L 5以下 10以下 100% 3月に1回以上
2-メチルイソボルネオール(かび臭) ng/L 3以下 10以下 100% 3月に1回以上

 ※釧路市上水道及び簡易水道の定期検査と臨時検査を対象として一律に適用しています。
※水質検査は釧路市内の蛇口にて実施しています。
※達成率はデータの総数に対する目標値を満たしたデータ数の割合を求め、年間配水量で調整したものを市全体の達成率としています。
 
残留塩素が100%とならなかったのは0.4mg/Lを超過した日があったことによるものです。これは水道水の水質などを考慮し、消毒の効果を保持するため生じたもので、水質基準等については全ての項目で遵守しています。今後も引き続き、皆様に水道水を快適にご利用して頂けるよう、より質の高い水質を目指していきます。
 
1)残留塩素
  消毒の効果を確認するために、水道法では0.1mg/L以上としなければなりません。その上限値は1mg/Lとなっていますが、カルキ臭の原因となることから0.4mg/L以下がおいしい水とされています。
2)臭気強度(TON)
  臭いの強さを表すもので、数値が高いほど不快に感じるとされており、3以下がおいしい水とされています。
3)ジェオスミン及び2-メチルイソボルネオール(かび臭)
  これらの項目はかび臭物質であり、水質基準項目となっています。原因は放線菌や藍藻類とされており、当市の水道事業においても上流域でかび臭物質が発生しており、水道水から検出されています。

このページの先頭へ

このページについてのお問い合わせ

上下水道部 水質管理課 水質担当

電話番号電話番号:0154-36-9562

ファクス番号ファクス番号:0154-36-5549

お問い合わせフォーム別ウインドウで開きますお問い合わせフォームへ

このページの先頭へ