【お知らせ】手話動画

 手話は、聞こえが不自由な方にとって、大切なコミュニケーション手段です。平成18年に国連が採
択した障害者権利条約や、平成23年に改正された障害者基本法には、「手話は言語」であることが
明記されています。

 聞こえが不自由な方の中には、障がいがあることを周りから気づいてもらえず、意思疎通に困難さ
を抱えながら生活している方もいます。手話をする上で大切なのは、「相手を理解しよう」、「一生懸命
伝えよう」とする気持ちであり、何よりも、相手の気持ちに寄り添うことが一番大切です。 
 

手話動画

 釧路市では、手話をもっと多くの人に知ってもらい、わかりやすく手話を覚えてもらえるように、手話
動画の配信を始めました。
 これから、定期的にやさしく学べる手話動画を紹介していきますので、ぜひ、みなさんも手話に挑戦
してみてください。


 手話動画配信について、釧路市長からメッセージがあります。
手話動画市長メッセージのYoutubeへのリンク画像です。この画像をクリックするとYoutubeの動画再生ページに進みます。

画像をクリックするとYoutubeの動画再生ページに移動します。 


 第1回
 【手話であいさつをしてみよう】
手話動画「手話であいさつをしてみよう」のYoutubeへの画像リンクです。この画像をクリックするとYoutubeの動画再生ページに進みます。

画像をクリックするとYoutubeの動画再生ページに移動します。
以下のあいさつのうち、覚えたいあいさつのリンクをクリックすると動画がそのあいさつの部分から再生
されます。

 手話で簡単なあいさつをしてみましょう。

あいさつ
  「両手人差し指を立てて向かい合せ、人と人があいさつをするように、人差し指を軽く折り曲げます。」
おはよう
  「こぶしを枕に見立てて、頭から外すしぐさと、あいさつを表す手話を組み合わせます。」
こんにちは
  「顔を時計の文字盤に見立てて、時計の針が昼の0時を示すように、2本の指を顔の中央に立て、
  あいさつを組み合わせます。」
こんばんは
  「両手のひらを、カーテンを閉めて光を閉ざすイメージで胸の中央に倒して表現する夜と、あいさつ
  を組み合わせます。」
はじめまして
  「開いた左手甲の上に置いた右手を、跳ね上げながら人さし指で数字の1を作り、そこから、両手
  の人さし指を、自分と相手に見立てて、お互いに近づけて2人が出会う様子を組み合わせます。」
よろしくお願いします
  「右手こぶしを鼻から前に出し、そのあと手を手刀に変えて下ろし、頼んでいる様子を表します。」
すみません/ごめんなさい(二通りの表現があります。)
  「指で眉間を摘み、しわを寄せる様子で迷惑を表し、そこから片手を立てたまま前方へ下ろします。」
  「右親指をあごの下につけ、他の4本の指を伸ばして2回左右に振ります。友人間でよく使います。」
おつかれさま/ごくろうさま
  「労をねぎらうために肩をたたくように、左手こぶしの手首を右手こぶしでトントンとたたきます。」
ありがとう
  「大相撲の関取が賞金を受け取る際に手刀を切るように、右手で手刀を作り、左手のひらを下に向
  け、甲の上をトンと1回たたきます。」

第2回
【手話で話しかけてみよう】
手話動画「手話で話しかけてみよう」のYoutubeへの画像リンクです。この画像をクリックするとYoutubeの動画再生ページに進みます。

画像をクリックするとYoutubeの動画再生ページに移動します。
以下の手話の表題をクリックしてみてください。その手話表現の動画を直接再生できます。
いろいろな手話表現を覚えていきましょう。

(基本)相手に何かを尋ねる手話表現   
「頭を少し傾け、質問をするような表情を加えて、伝えたい手話を表現します。」
 
こんにちは、大丈夫ですか? 「こんにちは」+「できる・大丈夫」+「尋ねる表情」
 1 こんにちは  「2本の指を顔の中央に立て、あいさつを組み合わせます。」
 2 できる・大丈夫 「指をそろえて、軽く曲げ、指先を左胸につけてから右胸につけます。」
 3 尋ねる表情 「頭を少し傾け、質問をするような表情を加えて表現します。」
 
今日はどうしましたか? 「今日」+「どう?」+「尋ねる表情」
 1 今日 「両方の手のひらを下に向けて、1回、軽く抑える様子で表現します」
 2 どう? 「右人差し指を左右に2回振ります。」
 3 尋ねる表情 「頭を少し傾け、質問をするような表情を加えて表現します。」
 
お久しぶりです。お元気でしたか? 「久しぶり」+「元気」+「尋ねる表情」
 1 久しぶり 「両手の指の背を合せてから左右に離します。」
 2 元気 「両手のこぶしを同時に2回下ろします」
 3 尋ねる表情 「頭を少し傾け、質問をするような表情を加えて表現します。」
 
丁寧な手話表現
  目上の人や初対面の人に、失礼がないよう丁寧に伝えたいときは、「~ですか?」と、指をそろえて、
  相手に尋ねるように手を差し出します。できるだけ、ゆっくり丁寧にするのがポイントです。
 
がんばりましょう
 1 元気・がんばる 「両手のこぶしを同時に2回下ろします。」
 (「元気」や「がんばる」は、同じ表現なので、口の動きで使い分けます。)
 
第3回
【手話で感情を表現してみよう】


 画像をクリックするとYoutubeの動画再生ページに移動します。
以下の手話の表題をクリックしてみてください。その手話表現の動画を直接再生できます。
いろいろな手話表現を覚えていきましょう。

楽しい・喜ぶ・うれしい
 「手のひらを胸の前に置き、交互に2回動かして表現します。」
 
悲しい
 「親指と人指し指を付けて、目の下から揺らしながら下げます。」
 
好き
 「親指と人指し指を開いて、頸から斜め前に出しながら指先を付けます。
 
嫌い 
 「親指と人指し指を軽く開いて胸の上部に当て、表情を加えます。」
 
暑い・夏
 「こぶしを2回動かし、内輪で顔を仰ぐような表現に表情を加えます。」
 (夏は上記の動作に表情をつけないで表現)
 
寒い・冬
 「両手を握り、脇をしめて震え、表情を加えます。」
 (冬は上記の動作に表情を付けないで表現)

第4回
【手話で応対しよう 1】応対基礎編
 


 画像をクリックするとYoutubeの動画再生ページに移動します。
以下の手話の表題をクリックしてみてください。その手話表現の動画を直接再生できます。
いろいろな手話表現を覚えていきましょう。

いらっしゃいませ
 人を迎え入れる様子を表す
 
こちらへどうぞ
 人のいる方向から来てほしい場所へ促す様子
 
今日はどうしましたか?
 「今日」+「どうしましたか?」
 
筆談でよろしいですか? 
 「筆談」+「よろしいですか?」
  「筆談」…左手をメモに見立て、書いて相手に差し出す
  「よろしいですか」…右手の小指をあごに2回つけて「構わない」という表現に
                             尋ねる手話を合わせる
 
わかりました
 右手で胸をなで下ろす
 
わかりません
 右手を右肩のあたりで2回動かす
 
わかりましたか?
  「わかりました」+尋ねる手話

少々お待ちください
 1  「少し」+「待つ」
  2  「少し」+「待つ」+丁寧な表現  の2種類
  「待つ」…曲げた指の背をあごの下に当てる

終わりです
  両手を上から下に、指先をすぼめながら下げる

●番外編1  子ども編



この動画は、平成28年7月に行われた市民向け手話講座「楽しく!みんなで手話講座」に参加いただいた
子ども達に出演協力していただきました。ぜひご覧ください。


第5回【手話で応対しよう2】買物編
 
今回の手話動画は、スーパーやコンビニエンスストアなどのお店に買い物に来たろう者のお客さんへの応対についてです。
前編では、お店の方に覚えていただきたい手話をご紹介します。また、後編では、お店での応対の様子を紹介します。
※前編16分、後編4分ほどの長さになっています。

↓前編


↓後編


この画像をクリックするとYoutubeの動画再生ページに移動します。
 
以下の手話の表題をクリックしてみてください。その手話表現の動画を直接再生できます。
いろいろな手話表現を覚えていきましょう。
 
○いらっしゃいませ 
 ・人を迎え入れる様子を表す
 
○あたためますか?
・「あたためる(下からあたたかい空気があがってくる様子)」+「しますか?(尋ねる手話)」
 
○お待たせしました
 ・「待つ(あごに手を添える)」+「しました(両手を前に差し出す動き)」
 
○ストロー(箸)はお付けしますか?
 ・「ストロー(ストローで吸う様子)」+「必要(両手を手前に引き寄せる)」+「ですか?(尋ね
る手話)」
 ・「箸(2本の指で箸を表す)」+「必要(両手を手前に引き寄せる)」+「ですか?(尋ねる手話)」
 
○何かお探しですか?
 ・「何か(人差し指を振る)」+「探す(2本の指で目の形をつくる)」+「ですか?(尋ねる手話)」
 
○申し訳ございません
 ・「右親指をあごの下につけ、他の4本の指を伸ばして2回左右に振ります。」
 
○売り切れです
 ・「売る(左手の手のひらを差し出し、右手の親指と人差し指を合わせて手前に引く)」+「無い(両手を合わせてから右手を前にだす)」
 
○ポイントカードはお持ちですか?
 ・「ポイント(両手の2本の指を下から上に動かす)」+「カード(カードの形をつくる)」+「お
持ちですか?(手のひらを下から上に向きかえる)」
 
○お会計(お釣り)は○○円です
 ・「お会計(左手の手のひらを上にして、右手でそろばんで計算する動き)」+「○○」+「円(親指
と人差し指を平行に左から右に動かす)」
 ・「お釣り(2本の指でお金を表現+左手の手のひらを上にして、右手でものを寄せる動き)」+「○○」+「円(2本の指を平行に左から右に動かす)」
 
○レシート(領収書)は必要ですか?
 ・「レシート(レシートの形をつくる)」+「必要(両手を手前に引き寄せる)」+「ですか?(尋ねる
手話)」
 ・「領収書(領収書を切る動き)」+「必要(両手を手前に引き寄せる)」+「ですか?(尋ねる手
話)」
 
○ありがとう
  「大相撲の関取が賞金を受け取る際に手刀を切るように、右手で手刀を作り、左手のひらを下に向
  け、甲の上をトンと1回たたきます。」
 
○またお越しください
 ・「また(人差し指と中指をひらく)」+「お越しください(左手の手のひらの上に右手を乗せ、手
前に引く)」
 
○数字の表現
 ・1~10の数字。
 ・1ケタ~5ケタの数字。
 
【番外編2(「釧路市手話言語条例」制定記念イベントの紹介)】
 平成29年4月1日の「釧路市手話言語条例」の施行に伴い、5月14日(日)に「釧路市手話言語条例」制定記念イベントを開催しました。
 第1部記念講演では、NHK「みんなの手話」の元講師である早瀬憲太郎氏に『手話から始まる新たな出会い』をテーマに講演していただきました。第2部手話フェスティバルでは、各団体の皆様によるフラダンスや手話教室、手話寸劇、そして手話コーラスが披露されました。



この画像をクリックするとYoutubeの動画再生ページに移動します。


第6回【手話で応対しよう3】病院の受付編


今回の手話動画は、病院の受付での応対についてです。
※再生時間は16分ほどです。


この画像をクリックするとYoutubeの動画再生ページに移動します。


以下の手話の表現をクリックしてみてください。その手話表現の動画を直接再生できます。
いろいろな手話表現を覚えていきましょう。


○今日はどうされましたか?
 ・「今日(両方の手のひらを下に向ける)」+「どう(人差し指を左右に振る)」+「しましたか?(尋ねる手話)」


○熱・咳
 ・「熱(額に手をあてる)」
 ・「咳(こぶしを口元に置き、少し動かす)」


○こちらの病院は初めての受診ですか?
 ・「こちら(下を指す)」+「病院(手首の脈をはかり、建物の形をつくる)」+「初めて(人差し指を伸ばしたまま、布をつまみ上げる動き)」+「受診(左手の手のひらを胸に向け、右手の人差し指と中指で甲をトントンとたたく)」+「ですか?(尋ねる手話)」


○前はいつ来られましたか?
 ・「前(顔の横に置いた手を後ろへ払う)」+「来る(人差し指の指紋を顔に見立て、自分に寄せる)」+「いつ(左手は顎のあたり、右手は胸のあたりに置き、同時に指を折り曲げる)」


○保険証・診察券・予約票はお持ちですか?
 ・「保険(左手は指文字の「ほ」、右手は2本の指で輪をつくり前に出す)」
 ・「診察(左手の手のひらを相手に向け、右手の人差し指と中指で甲をトントンとたたく)」
 ・「予約(両手の小指を組み合わせる)」
 ・「証・券・票(カードの形をつくる)」
 +「お持ちですか?(手のひらを下から上に向きかえる)」


○お呼びするまでお待ちください
 ・「呼ぶ(手招きする)」+「ので(両手の指2本で輪をつくり、少し前に出す)」+「待つ(指の背を顎の下にあてる)」


○次回の予約は、○月○日○時です
 ・「次(手首を返しながら人差し指を前に出す)」+「予約(両手の小指を組み合わせる)」+「○月○日(「いつ」の手の位置で数を表す)」+「○時(腕時計を指してから数を表す)」


○お大事にしてください
 ・「お大事(手の甲をさする)」+「ください(手のひらを立て、鼻のあたりから斜めに下げる)」


第7回【緊急対応編1】災害時の応対


今回の手話動画は、災害時の応対についてです。
※再生時間は9分ほどです。


この画像をクリックするとYoutubeの動画再生ページに移動します。


以下の手話の表現をクリックしてみてください。その手話表現の動画を直接再生できます。
いろいろな手話表現を覚えていきましょう。

○建物内で火事が起きました
・「建物(建物の形を四角く描く)」+「火事(両手の指先をつけ、屋根の形をつくる。次に、左手を残し、右手の5指を軽く丸め、火が燃え上がるようにひねりながら上げる)」+「起きました(左手の内側から、右手人差し指を素早く上げる)」


○地震です
・「地震です(両手のひらを上に向けて並べて置き、前後に一緒に揺らし、地面が揺れる様子を表す)」


○津波警報が出ました
・「津波(水平に置いた左手を右手で乗り越え、5指を開いて前方に出し、波の様子を表す)」+「警報が出ました(左手のこぶしを胸に置き、右手2指でL字をつくり、前に出す)」


○ここは危険です
・「ここは(下を指す)」+「危険です(5指を折り曲げた右手の指先で胸をたたき、胸が締め付けられ、不安な様子を表す)」


○一緒に安全な場所に避難しましょう
・「安全(両手の指先を向かい合わせて、胸に沿ってゆっくりと下す)」+「場所(下に向けた右手の指先を折り曲げ、下げる)」+「避難(両手を握って交互に素早く腕を振り、走る様子を表す)」+「一緒(両手の人差し指を前に向け、左右から引き寄せ、避難する方向に動かす)」


第8回【緊急応対編2】救急時の応対


今回の手話動画は、救急時の応対についてです。
※再生時間は13分ほどです。


この画像をクリックするとYoutubeの動画再生ページに移動します。


以下の手話の表現をクリックしてみてください。その手話表現の動画を直接再生できます。
いろいろな手話表現を覚えていきましょう。


○何かお困りですか?
・「困る(指先を曲げて、こめかみあたりで前後に動かす)」+「何(尋ねる表情をしながら、人差し指を左右に振る)」


○具合が悪いのですか?
・「具合(体に沿って円を描くようになでる)」+「悪い(尋ねる表情をしながら、人差し指で鼻先をかすめるように振り下ろす)」


○かかりつけの病院はありますか?
・「かかりつけ(L字にした両手の人差し指を向い合せ、回す)」+「病院(手首の脈をはかり、建物の形をつくる)」+「ありますか(尋ねる表情をしながら、手のひらを下に向ける)」


○救急車を呼びますか?
・「救急車(唇を人差し指でさす。次に、両手の人差し指を組み合わせて十字をつくり、最後に指先を折り曲げて回す)」+「呼びますか(親指と小指を立て、電話をかける様子を表す)」


○ヘルプマーク・ヘルプカード
・「ヘルプ(左手の親指を立て、右手で2回押す)」+「マーク(指文字)」
・「ヘルプ(左手の親指を立て、右手で2回押す)」+「カード(両手の親指と人差し指でカードの形をなぞる)」


第9回【緊急対応編3】落し物をした方への応対


今回の手話動画は、落し物をした方への応対についてです。
※再生時間は、9分ほどです。


この画像をクリックするとYoutubeの動画再生ページに移動します。


以下の手話の表題をクリックしてみてください。その手話表現の動画を直接再生できます。
いろいろな手話表現を覚えていきましょう。


○何かお探しですか?
・「探す(右手2指の輪を目の前で回しながら右へ移動する)」+「何(尋ねる表情をしながら、人さし指を左右に振る)」


○いつ、どこで無くしたのですか?
・「無くなる(左右に広げた両手を握りながら交差させる)」+「いつ(左手は顎のあたり、右手は胸のあたりに置き、同時に指を折り曲げる)」+「どこ(人さし指を左右に振る。次に、右手5指を折り曲げ、指を下に向けて軽く下ろす)」


○警察に届出をしますか?
・「警察(右手の親指と人さし指で円をつくり額にあて、両手で四角い建物の形を描く)」+「届出をしますか(尋ねる表情をしながら、左手のひらに右手の人さし指をつけたまま、少し上げて前に出す)」


○よくある落し物(財布、携帯電話、スマートフォン、かばん)
・「財布(左手親指と4指の間に、右手親指と人さし指でつくった輪を入れる)」
・「携帯電話(右手の人さし指をアンテナに見立て、耳にあてる)」
・「スマートフォン(左手でスマートフォンを持つ形をつくり、右手の人さし指で操作する)」
・「かばん(体の横で、かばんの持ち手をつかむようにして、2回上下させる)」


~今後の配信スケジュール~
第10回 8月配信予定

このページの先頭へ

手話サークルに参加してみませんか?

 市内で、手話サークル「釧路手話の会」が活動しております。
 会話やレクリエーションをしながら、楽しく手話を学ぶことができます。
 いつでも見学が可能ですので、手話に興味関心がある方は、お気軽にお問い合わせください。
 
 ●夜間の部  毎週木曜日午後7時~9時  (川北町4-17 身体障害者福祉センター2階) 
 ●昼間の部  毎週金曜日午後1時30分~3時30分 (旭町12-3 総合福祉センター4階) 

 お問い合わせ先 : 身体障害者福祉センター (電話・FAX 0154-24-7459 担当 : 清野)

このページの先頭へ

手話奉仕員や要約筆記奉仕員を目指してみませんか?

 市では毎年、手話奉仕員養成講習会や要約筆記奉仕員養成講習会を実施しています。

 お問い合わせ先 : 身体障害者福祉センター(電話0154-24-7471、FAX0154-24-7459)

このページの先頭へ

このページについてのお問い合わせ

福祉部 障がい福祉課 障がい福祉担当

電話番号電話番号:0154-31-4537

ファクス番号ファクス番号:0154-25-3522

お問い合わせフォーム別ウインドウで開きますお問い合わせフォームへ

このページの先頭へ