釧路市民防災センターのご利用案内

釧路市民防災センター(Kushiro citizen disaster prevention center)

防災行動力を身につけよう!

 

建物概要
  • 敷地面積:4,600.03平方メートル
  • 建物面積:5,766.34平方メートル
  • BF:225.05平方メートル
  • 1F:1,670.63平方メートル(市民防災センター611.29平方メートル)
  • 2F:1,057.04平方メートル
  • 3F:1,719.46平方メートル
  • 4F:975.81平方メートル

市民防災センターロビー写真

 釧路市民防災センターは、平成5年の「釧路沖地震」や平成7年の「阪神大震災」などの大地震時や各種災害時に適切な行動がとれるよう普段から対応策を講じると共に「自分の命は、自分で守る」という基本理念に基づき、防災に関する知識、技術を学んでいただく生涯学習の施設として、地震体験室、火災(煙)体験室、初期消火体験室、応急救護学習体験室の4つの体験室とてんぷら火災消火コーナー、119番通報コーナー、防災Q&Aコーナーの3つの体験コーナー等を備え、実際に各種体験室等で体験をしていただき、災害時の防災行動力をより高めていただく施設です。

 個人利用・団体利用ともに受付けしております。

 また、平成27年10月27日に釧路市防火管理者連絡協議会より「ミニ消防車」を寄贈いただきました。10月28日よりロビーにて展示しておりますので、是非ご家族でご来館ください(未就学児まで乗車可)。

ご利用案内

  • 住所:085-0022 釧路市南浜町4番8号 釧路市消防本部庁舎1階に併設
  • 開館時間:午前9時30分から午後4時
  • 入館料:無料
  • 休館日:日曜日、月曜日、国民の祝日、12月31日から1月5日
  • 駐車場:25台(バス1台含む)
  • 電話:0154-23-0425 ファックス0154-21-3555
  • ホームページ:防災センター
 

団体利用の一例(1団体10名から20名でのご利用の場合90分)

  1. エントランスホール集合
  2. 概要説明 約5分
  3. 地震体験室 説明・体験 約20分
  4. 煙体験室 説明・体験 約15分
  5. 初期消火体験室 説明・体験 約20分
  6. 応急救護学習体験室 心肺蘇生法・AED トレーニング・体験約30分

*10名以上の団体利用の場合には、利用日10日前までに事前に申請書での申し込みが必要となります。

このページの先頭へ

各体験コーナーのご案内

 

このページの先頭へ

火災(煙)体験室

 

 火災が起きた時、一番恐いのが煙です。建物の中で火災にあった場合に、いかに煙を吸わずに、慌てずに避難できるかを学ぶための体験スペースです。ビル火災などに遭遇した時、煙の特性や危険性を学習し、煙の中でも正しい避難方法が体験できます。

このページの先頭へ

てんぷら火災消火コーナー

 

 火災原因で上位を占めているてんぷら火災を想定したシミュレーションで、模擬消火器(赤外線)と映像によって正しい消火方法が体験できます。

このページの先頭へ

応急救護学習体験室

 

 

 突然、家族がたおれてしまった時、 また、交通事故などに遭遇した時に正しい応急処置の方法を覚えておくことは、大変重要なことです。応急救護学習体験室では、 そのような時の対処方法として人工呼吸法、 心肺蘇生法など、さまざまな処置の方法を体験し学習することができます。この応急救護学習体験室では、人形を使い、交通事故など万が一の事故や怪我に備え、人工呼吸、心肺蘇生など正しい応急手当の方法が体験できます。


防災マイ・まっぷシステムの使用状況
 平成26年7月1日から運用開始となりました「防災マイ・まっぷシステム」で、一人ひとりに合った避難計画地図を作成しながら防災学習を行うことができます。この「防災マイ・まっぷシステム」は、デジタルシートに映し出された地図へ電子ペンを使って災害図上訓練を行うことができる装置です。

このページの先頭へ

119番通報コーナー

 

 電話機の種類によって119番の通報の仕方が違います。色々な災害がディスプレイに映し出され、それに応じた119番の通報の仕方が学習できます。

このページの先頭へ

初期消火体験室

 

 

 大型スクリーンに実際の火災の映像が映し出され、消火器や屋内消火栓を使って放水し、正しい消火方法・取扱方法が体験できます。

このページの先頭へ

地震体験室

 

 

 地震は、何の前ぶれもなく突然起こります。そのような時に、慌てずに的確に行動できるよう学習する体験スペースです。釧路沖地震(平成5年1月15日)や関東大震災(大正12年9月1日)などの地震が実際に再現でき、過去の教訓を生かしながら学習しましょう。この地震体験室は、震度階1から7までと過去に発生した釧路沖地震、関東大震災などの地震が忠実に再現され、地震時の対処方法などについて体験できます。

このページの先頭へ

防災Q&Aコーナー

 

 コンピュータによってクイズ形式で出題され、ゲーム感覚で楽しみながら学習度をチェックできます。

このページの先頭へ

本ページにはビューワソフトが必要なコンテンツが含まれています。

別ウインドウで開きますAdobe Readerのダウンロードはこちらをご覧ください。

このページの先頭へ

このページについてのお問い合わせ

消防本部 予防課 予防広報担当

電話番号電話番号:0154-23-0426

ファクス番号ファクス番号:0154-22-8204

お問い合わせフォーム別ウインドウで開きますお問い合わせフォームへ

このページの先頭へ